満足度100%になるための税理士相談Q&A

会社を立ち上げる際に税理士を活用

会社を立ち上げる時というのは株式会社や合同会社として正式に登録必要があり、そのためには登記が必要になります。

登記というのは主に書類を書いて提出したりするのですが、紛らわしく感じたり、もしくはかなり時間や手間がかかる事もある様です。そこで、登記の作業を税理士にお願いして手伝ってもらう事もできます。

登記の際に不備などがあると受理してもらう事はできない様ですので、正確さなどが求められます。自分で調べて行う事もできますが、やっかいに感じる人もいる様ですね。

登記をお任せしてしまう事で、社長はそれ以外のやるべき仕事に集中的に取り組む事ができますね。いい税理士であれば、その後もずっと付き合いを続ける事も可能です。